ヘルペスウイルス.com

ヘルペスってみなさんはどういう印象の病気ですか?実は子供の頃にかかったことがあるという方も大勢いるのではないかと思われる「水ぼうそう」これもヘルペスウイルスによる病気です。

ヘルペスって何?どんな病気?

ヘルペスとは水泡が集まった状態のことをいいます。ウイルスに感染することのよって起こる感染症の1つで、現在、人間に感染するものとしては8種類のウイルスが知られています。ウイルスによって症状にも違いがあり、また、発生する場所にも各々の特徴があります。単純ヘルペスウイルスによるものは1型では口唇を中心として症状が現れ、2型では性器におけるものが代表的なものとなります。子供の症状としても有名な水疱瘡と、大人にも見られる帯状疱疹は水痘、帯状疱疹ウイルスによるもので、他にも肺炎や網膜炎、また、突発性発疹を引き起こすタイプなど様々種類があります。一般的には、単純型と水痘・帯状疱疹ウイルスによるものが認知度が高く、多くの人が感染の経験があるタイプとして知られています。まず、単純型は、体のどの場所にも感染し、皮膚に水膨れを起こします。
口唇ヘルペスは唇の周りに赤い水膨れができ、かゆみや痛みを感じます。疲れやストレスがたまったときや体が弱っているときに発症を繰り返すもの特徴としてあり、早期の治療をすることによって改善することができます。注意をしなければならないのは、感染力が強いことです。接触することによって感染をし、例えば、症状が出ているときに患部を手で触れたり、また、炎症を起こしている人が使ったコップやタオルを共有したりした場合も感染をしてしまうので、十分な注意が必要となります。性器ヘルペスは、初めて感染をした場合には、最初、患部の表面にヒリヒリ感やむず痒さなどを感じます。次に2~10日ぐらいで痒みを伴った1~2mmの赤いブツブツや水膨れができ、それが破れて、ただれた症状へと進行します。強い痛みを伴う特徴があり、発熱をする場合もあります。また、リンパ節の腫れや、痛みを発症する場合もあります。1年の内に8割以上が再発をするとも言われており、疲労やセックス、また、ストレスなどの刺激で再発をすることも多く、発感染と同じ場所に症状は現れます。ただ、再発の場合には、その症状が軽いことが多く、この場合、治るまでの時間も短くなります。
水痘、帯状疱疹ウイルスによる水疱瘡は、子供に現れるものとして知られており、その多くは予防注射によって防ぐことができます。発熱とともに全身に小さな赤い発疹が広がって行くのが特徴で、それは全身に現れ、時間の経過と共に収まっていきます。一度かかると免疫ができるために二度とかかることがないのも特徴とっています。

■性病治療にオススメの薬
バルトレックス通販でオススメのサイト
エンペシド膣錠でカンジダ症を治療