ヘルペスってみなさんはどういう印象の病気ですか?実は子供の頃にかかったことがあるという方も大勢いるのではないかと思われる「水ぼうそう」これもヘルペスウイルスによる病気です。

ヘルペスとカンジダ症は第四性病でもあります

ヘルペスには、口唇ヘルペスと性器ヘルペスがあります。原因はウィルスで2種類ありそれぞれに症状が出ます。
口唇に出来ると、はじめは唇や口の周りが赤くなり、暫くするとその上に小さな水ぶくれが出来、患部はかゆみや
ほてりがあります。水ぶくれがやがてかさぶたになり、10日前後で治まってきますが、
顔なので、目立ちますので、清潔なマスクなどで対処しましょう。
性器ヘルペスは陰部に水泡のようなものが出来、破れた後にただれた状態になり、強く痛みます。
原因のウィルスをなくす事は出来ませんが、今は薬を服用する事で、再発を抑える事が出来ます。
性器ヘルペスは性行為でうつるので、第四性病とも言われてます。
ヘルペスの病変部との接触により、パートナーからうつるのが殆どです。
唇ヘルペスの症がある時も感染するので、注意が必要です。
性器カンジダ症は性行為による感染もありますので、第四性病でもありますが、もともと人が体内に持っていることが多い菌です。
酵母感染症とも呼ばれています。数種類のカンジダ属の真菌がおこす感染症です。
身体の免疫などが落ちた時や、何らかのきっかけで、いろいろな症状を引き起こします。
性器カンジダ症の症状は、女性は外陰部のかゆみがあり、ヨーグルト状のおりものが増えたりします。
包茎の男性が性器カンジダ症にかかると、やはりかゆみが強くでます。
第四性病といわれてる、ヘルペスやカンジダ症は何度も再発を繰り返しやすいので、抵抗力をつけましょう。
カンジダはストレスや風邪で免疫力が下がった時に発症しやすいです。
普段の生活から、少しでも改善していく事が、再発を抑える事になります。
特に糖尿病体質の方はカンジダ症が出やすいので、予防していきましょう。