ヘルペスってみなさんはどういう印象の病気ですか?実は子供の頃にかかったことがあるという方も大勢いるのではないかと思われる「水ぼうそう」これもヘルペスウイルスによる病気です。

ヘルペスウイルスによる唇や鼻の皮膚症状

ヘルペスウイルスというのは、人間の身近に存在しているウイルスの一種ですが、かぜやケガなどのために体調がすぐれなかったり、仕事や家庭のストレスで体力が低下しているような状況下で感染すると、さまざまな皮膚症状をもたらします。
このウイルスにはいくつかのタイプがあり、単純ヘルペスウイルス1型とよばれるものは、主に唇やそのまわり、鼻の広がっている部分、鼻の下などに感染しやすく、単純ヘルペスウイルス2型は、主に陰部に感染しやすいという特徴がみられますので、それぞれ口唇ヘルペス、性器ヘルペスとして病名を区別しています。
口唇ヘルペスにかかってしまった場合には、唇、鼻などの顔面の皮膚に、小さな水ぶくれのようなものが数多く出現し、痛みとかゆみがあらわれることがあるほか、放置しておくとこの水ぶくれがつぶれ、ただれてしまうこともあります。
また、人によってはこうした顔面の部分の皮膚だけではなく、口内の粘膜などに、同様の水ぶくれの症状が出ることもあります。
この病気を治療するためには、抗ウイルス薬とよばれる、ウイルスが増殖するときに行うDNAの複製を阻害するようなはたらきをもつ医薬品の投与が行われるのが一般的です。
通常は錠剤として口から飲むタイプのもので、継続して飲んでいれば、5日間程度もすると、症状に改善がみられることが多いといえます。
その際、病気によって水ぶくれになった場所にはかさぶたができ、その後は自然に皮膚が再生されて剥がれ落ちます。
なお、ウイルス自体はごくありふれたものですので、いったん治った後であっても、体力低下などのウイルスが増殖しやすい機会があると再発してしまい、また同様の治療をしなければならないこともあります。