ヘルペスってみなさんはどういう印象の病気ですか?実は子供の頃にかかったことがあるという方も大勢いるのではないかと思われる「水ぼうそう」これもヘルペスウイルスによる病気です。

日本性感染症学会推奨のヘルペス治療と陰茎部の症状

ヘルペスは日本性感染症学会でも頻繁に取り扱われている問題です。日本性感染症学会では、陰茎にできたヘルペスの治療法として薬物療法も推奨しています。この中には薬剤の成分が体内に吸収されることで、ヘルペスの発症の根本となっている細菌を攻撃するものがあり、長期化しやすいヘルペスを治療する効果的な方法として提唱しています。
陰茎部分に病変をもたらすヘルペスという病気は、性行為が多くの原因となり感染してしまうものです。この病気は一時的に身体的な症状が回復しても、体内にウイルスが残っているケースが多くあるので、その細菌の活性化に伴い再度病気が発症してしまうことが頻繁にあります。そのため、抗生物質の投与が重要な役割を担うものとされ、日本性感染症学会を含め、多くの医療機関でもこの継続的な薬物療法が採用されているのです。
また、この病気は性行為を通じて感染するものである為に、予防のためには正しい知識を身に付け性行為を行う事が重要です。この病気では性器の周辺に水ぶくれなどの症状が出ることが多く、陰茎に痛みを発し、発熱の症状が出ることも多く見受けられます。このような症状がある場合には、ヘルペスに感染した可能性が高くなるために、早急に医師の診察を受けなければなりません。
この感染経路は、細菌の保有者との性行為が大半で、そのままの状態では性行為以外でも周囲の方にこの病気を感染させてしまうことがあります。
そのため、適切な薬剤を服用し、ヘルペスの菌の増殖を抑え、感染力を弱める事が必要です。特に、高齢者の方や幼児は、抵抗力が弱いので、感染してしまう確率が高まります。そのため、発症当初から適切な薬剤を服用し、家族などへの感染を防ぐ事が重要です。